武者小路実篤ゆかりの「愚浄山房」は
文人、知識人達に愛された
昭和初期のたたずまいを
そのままに感じさせる邸宅です。

その風情と、
郡上の自然の恵みを活かした
日本料理を
お楽しみください。

愚浄山房のお品書きに
決まった料理はありません。

郡上八幡の四季を
感じていただけるよう
主に地場産の旬の素材を活かした、
一期一会の料理を提供しています。

千葉県出身。京都の老舗日本料理店で修業し2016年、
愚浄山房の料理長となる。

「旬の素材そのものの味を
最大限に引き出す料理を心掛けています。
そのためには良質な食材選びは欠かせません。
日本料理の基本は、お出汁です。
当たり前のことを怠らず、
お客様に美味しくお召し上がりいただけるよう、
心を込めて料理に精進してまいります。」

一万千円

一万四千三百円

一万七千六百円

お料理の内容や、お好みでない食材、
アレルギーなどございましたら
ご予約時にご相談ください。

営業時間
18:00~21:00
休業日
水・木曜日
予約受付
15:00~18:00

ご予約は2営業日前まで
ご予約内容の変更及びキャンセルは2営業日前まで
それ以降の場合キャンセル料と致しまして前日は50%
当日は100%頂戴致します

電話0575-67-0501
ご予約は、お電話でのみ承ります。
完全予約制

※お子様は中学生から承ります。

〒501-4221
岐阜県郡上市八幡町小野211

東海北陸自動車道 郡上八幡インターチェンジより
車で約7分
長良川鉄道 郡上八幡駅よりタクシーで約7分

「愚浄山房」は、
昭和初期の建築様式をそのまま伝える
歴史的建造物です。

もとは尾張一宮にあった日本家屋が、
昭和十五年に郡上八幡に移築、改装され、
土蔵付き数寄屋造りの現在の形に完成しました。

この邸宅は、一般公開されておりませんでした。
一部の人々の避暑地として、また迎賓館として
利用され、各界から賓客が訪れました。

昭和十六年八月には、当地に滞在した菊池寛により
「愛水荘」として命名されています。

また、昭和十九年九月には
谷崎潤一郎が当宅を訪れています。

昭和二十二年からは、八幡城の再建に携わった郡上八幡の棟梁・水谷氏の手により
茶室・田舎屋の建築が行われ
この建物は「山心亭」と命名されました。

そして「愛水荘」と「山心亭」を合わせ、
この屋敷全体が
武者小路実篤により
「愚浄山房」と命名されました。

文人・知識人に愛された
風流な昭和の
邸宅です。

この歴史的建造物の中で
日本の文化と歴史を感じながら、
郡上の食材を活かした日本料理の店を
「愚浄山房」の名前をそのままに開設致しました。

武者小路実篤